ホワイトニングのメリットって?

インプラント手術後の仮歯について

浜松市 歯科でのインプラントの埋入手術のあとでは、土台となる人工歯根を顎の骨に埋め込んだ後、安定するのを待ってからでないと正式に人工歯を入れることはできませんが、それまではプラスチック製の仮歯を装着することになります。ただし、浜松市 歯医者の仮歯は強度が強くないため、乱暴にすると破損する可能性があります。食事は通常通り可能ですが、硬いものや歯にあまり負担をかけるものはできるだけ避けた方がいいでしょう。手術した当日に限っては、なるべく柔らかいものを、反対側の歯で噛むようにした方が感染などが起こるリスクを下げることができます。患部に刺激を与えないように、熱いものや刺激物を避けるようにするといいでしょう。

 

浜松市 歯周病←歯周病に悩んでいるならここ

 

近年では、即時負荷インプラントといって浜松市 歯周病治療>で埋入して48時間以内に仮歯、もしくは人工歯を入れることができる方法ができています。
この浜松 歯医者で治療が可能であるケースは、
顎の骨の量が多く、しっかりしているなどいくつかの条件が満たされる必要があります。